増田道明獨協医大教授

 本県が緊急事態宣言の対象地域となった20日、獨協医大の増田道明(ますだみちあき)教授(ウイルス学)が下野新聞社の取材に応じ、「デルタ株は感染力が非常に強い。誰もが感染する可能性がある」と注意を呼び掛けた。新型コロナウイルス感染の「第5波」の収束が見えない中、適切な感染予防対策やワクチンの接種に加え、医療体制を充実させる必要性を訴えた。

 国内外の研究によると、デルタ株は従来株よりもおおむね2倍程度、感染力が高いとされる。