県は20日、鹿沼県税事務所に勤務する宇都宮市在住の40代女性会計年度任用職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。事務補助を担当し、不特定多数の県民との接触はない。

 同居家族の濃厚接触者となり19日に検査し、陽性が判明した。最終出勤日は11日で職場に濃厚接触者はおらず、同事務所は消毒を終えている。