県内の新型コロナウイルス感染者数

県内の新型コロナウイルス感染者(20日発表)

県内の新型コロナウイルス感染者数 県内の新型コロナウイルス感染者(20日発表)

 栃木県と宇都宮市は20日、新たに計262人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。200人を超えるのは3日連続。県内の累計感染者数は1万1316人となった。県内の医療機関に入院していた患者1人が死亡し、死者は計99人となった。

 7月末以降の「第5波」はいまだに感染拡大が止まらず、福田富一(ふくだとみかず)知事は20日の臨時記者会見で「ピークアウトの兆しが見えない」と危機感を募らせた。

 19日時点の病床使用率は59・2%と高止まりを続け、入院率は15・5%まで下がった。人口10万人当たりの全療養者数(88・6人)や直近1週間の検査陽性率(14・2%)なども依然として最も深刻な警戒度「ステージ4」のままだ。

 新規感染者は10歳未満~80代の男女。これまでの感染者のうち、デルタ株の疑いは36人確認された。

 県と宇都宮市は20日、計346件を検査した(委託の未集計分は除く)。累計検査件数は37万6712件、退院者9560人、入院者262人、宿泊療養者168人、自宅療養者1143人、入院調整中176人、重症者は21人で過去最多となった。