小山御殿広場に設置された応援看板

 【小山】東京パラリンピック開幕を間近に控え、市は20日、車いすバスケットボール男子代表で市出身の高松義伸(たかまつよしのぶ)選手=栃木レイカーズ=を応援する大型看板を市役所北側の小山御殿広場に設置した。

 横5・4メートル、縦1・35メートル。3月の聖火リレーと東京五輪開催時に設置した看板をリニューアルした。東京パラリンピックのマスコットキャラクター「ソメイティ」のピンク色を基調とし、高松選手の写真と応援メッセージが書かれている。

 9月上旬ごろまで設置する予定。市の担当者は「市出身の高松選手を身近に感じてもらい、皆さんにパラリンピックでの活躍を応援してほしい」と話した。

 市役所1階の多目的スペースには23~27日、高松選手への応援コーナーのほか、東京五輪時に市内で事前合宿を行った海外選手団に関連した展示コーナーなどを設置する。