矢板市役所

 矢板市の斎藤淳一郎(さいとうじゅんいちろう)市長は20日の定例記者会見で、地域住民主体の組織などが運行する「地域共助型生活交通」を9月にコリーナ矢板と玉田の両行政区で導入すると発表した。「共助型」交通の導入は県内で初めて。