県安足土木事務所と市が公開した中橋架け替え事業の完成イメージ図

 渡良瀬川に架かる中橋の架け替え事業を巡り、足利市の早川尚秀(はやかわなおひで)市長は18日夜の地元向け説明会で、事業に伴う都市計画変更案の縦覧を、栃木県と共に「9月上旬に行う」と表明した。事業ではJR両毛線をまたぐ陸橋を設置することに伴い、地元が求める歩行者、自転車用踏切の新設については「JR東日本高崎支社と協議が始まった」とし、陸橋へのエレベーター設置と併せて実現に努力する考えを示した。

 説明会は国、県、市の共催。早川市長、国土交通省渡良瀬川河川事務所の塚本一三(つかもといちぞう)所長、県安足土木事務所の林真(はやしまこと)所長らの他、地域住民ら約30人が出席した。