8回、作新・渡辺の同点となる2点適時打で生還し喜ぶ相原(右)ら=甲子園

先発した作新の主戦・井上=甲子園

8回、作新・渡辺の同点となる2点適時打で生還し喜ぶ相原(右)ら=甲子園 先発した作新の主戦・井上=甲子園

 第103回全国高校野球選手権大会第6日は19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦2試合を行い、栃木県代表の作新学院(10大会連続16度目)は香川県代表の高松商(2大会連続21度目)に7-10で惜しくも競り負けた。

    ◇    ◇

 昨年の大会中止に泣いた先輩の思いも背負い戦った3年生たちがたどり着いた聖地・甲子園。「校歌を歌って恩返しする」。そんな思いにあと一歩が届かなかった。