ホープス女子シングルスで優勝した卓桜会の香取(緑が丘)のフォア=グリーンアリーナ神戸(写真提供:月刊・卓球王国)

優勝カップを手に表彰台で笑顔を見せる卓桜会の香取(緑が丘、左から2人目)=グリーンアリーナ神戸(写真提供:月刊・卓球王国)

ホープス女子シングルスで優勝した卓桜会の香取(緑が丘)のフォア=グリーンアリーナ神戸(写真提供:月刊・卓球王国) 優勝カップを手に表彰台で笑顔を見せる卓桜会の香取(緑が丘、左から2人目)=グリーンアリーナ神戸(写真提供:月刊・卓球王国)

 全農杯2021年全日本卓球選手権大会は7月22~25日、神戸市のグリーンアリーナ神戸(神戸総合運動公園内体育館)でホープス(小学6年以下)・カブ(同4年以下)・バンビ(同2年以下)の男女シングルスを行い、ホープス女子で卓桜会の香取悠珠子(かとりゆみこ)(緑が丘)が優勝を飾った。

 香取は第1ステージ(予選リーグ)を3戦全勝で突破すると、第2ステージ(決勝トーナメント)では初戦の2回戦こそ苦しい場面があったものの、3回戦から準決勝までの3試合はストレートで勝ち上がった。

 福井県の選手との決勝では、第1ゲームを落としたが第2、3ゲームを奪取。第4ゲームを取られてファイナルゲームにもつれ込んだが、最後は11-8で振り切り、ゲームカウント3-2で栄冠をつかみ取った。