タブレットを活用して、産業用地を案内する県の担当者=18日午後、宇都宮市

 新型コロナウイルスの感染拡大によって都道府県をまたぐ移動が制限される中、県企業局はオンラインによる企業誘致活動を強化している。18日には、宇都宮ゆいの杜産業用地(宇都宮市)で、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使った現地案内を初めて行い、県外企業の担当者に立地や周辺環境を紹介した。

 同局によると、コロナ禍の影響で都内や大阪での企業誘致セミナーが中止になるなど、県内の産業団地をPRする機会が減っているという。昨年度からインターネットの専用ページで産業団地の動画を公開しているが、より詳しい情報が伝わるよう、7月にオンラインを使った現地案内の受け付けを始めた。