広島県への出発前に任務を確認する中央即応連隊の派遣隊員たち=12日午前、宇都宮市茂原1丁目の陸上自衛隊宇都宮駐屯地

 西日本豪雨被害で、陸上自衛隊宇都宮駐屯地(宇都宮市茂原1丁目)の中央即応連隊(中即連)の補給小隊8人が12日、広島県へ出発した。現地で給水支援に当たる。国連平和維持活動に基づく海外派遣などが主任務の中即連が、国内の災害で派遣されるのは2011年の東日本大震災以来2回目。

 8人は同日午前、5トンの水を運べる水タンク車3台と人員輸送用の高機動車1台に分乗。仲間の隊員たちに見送られ、宇都宮駐屯地をたった。愛知県内の駐屯地を経由し海田市駐屯地(広島県海田町)へ向かう。