栃木大会で優勝した作新学院の選手たち=7月25日、県営球場

 全国高校野球選手権大会第5日は17日、甲子園球場で1回戦1試合が行われ、天候不良で第2試合以降の3試合は18日に順延となった。18日に予定されていた栃木県代表の作新学院(10大会連続16度目)の初戦も19日となった。

 第1試合では大阪桐蔭が東海大菅生(西東京)を7-4の八回表1死降雨コールドゲームで下し、2回戦に進んだ。

 18日は、17日に予定されていた第2試合以降の3試合を実施。19日以降の日程は1日ずつずれて、準々決勝翌日の休養日は26日、決勝は28日となる。

 作新学院は19日第1試合(午前8時開始)の2回戦で香川県代表の高松商(2大会連続21度目)と対戦する。新型コロナウイルスに選手ら5人が陽性と判定されていた宮崎県代表の宮崎商が試合出場を辞退したため、第2試合から第1試合に繰り上がった。