新型コロナウイルス感染症対策本部会議=16日午後2時半、県庁

 栃木県は16日午後、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域に栃木県を加えるよう、政府に要請することを決めた。

 栃木県の市町で唯一、措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の対象地域から外れている那珂川町についても、他の24市町と同様の時短要請などを県として独自に行うことも決めた。

 栃木県は今月8日、県独自の警戒度レベルを最も深刻な「ステージ4」に引き上げ、県版の緊急事態宣言を発令したが、その後も新規感染者は増加し続けている。

 栃木県では「第3波」を受けた今年1月13日に政府の緊急事態宣言の対象地域に追加され、感染者減少に伴い2月8日に解除された。