実験で子どもたち歓声 教員たちが理科講座 那須塩原

 【那須塩原】子どもたちに理科に興味を持ってもらう「楽しくて夢中になる理科実験講座」が9日、西那須野公民館で開かれた。

 教育技術や指導法などを研究する教員グループ「TOSS」に所属し、県内の理科教員らでつくるサークル「TOSS理科MAX」が主催。市内の小学生と保護者約40人が参加した。

 この日は小中高校の教員5人が講師を務め、スライム作りなど四つの実験を行った。「火山の噴火実験」では重曹や洗濯のりなどを混ぜることで化学反応させ、小さな山から赤色の“溶岩”が流れ出すと、子どもたちの歓声が湧き起こった。