県内の新型コロナウイルス感染者数

県内の新型コロナウイルス感染者(14日発表)

県内の新型コロナウイルス感染者数 県内の新型コロナウイルス感染者(14日発表)

 栃木県と宇都宮市は14日、新たに計195人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの発表数では、8月4日の178人を超え過去最多となった。100人を超えるのは5日連続で、県内の累計感染者数は1万216人に達した。入院が困難な状況は続いており、高止まりする感染者数が医療を圧迫している。県内の医療機関に入院していた患者1人が死亡し、死者は計94人となった。

 新規感染者は10歳未満~80代の男女。真岡市の事業所で発生した県内98例目のクラスター(感染者集団)は、新たに1人が陽性となり感染者数は計11人となった。

 これまでの感染者のうち変異株「デルタ株」の疑いは47人。10歳未満~90代の男女で37人が経路不明だった。

 医療への負担は深刻さを増している。13日時点の病床使用率は58.3%で、過去最大だった60.5%に迫る勢い。人口10万人当たりの全療養者数は82.8人と過去最大を更新した。コロナ感染者のうち入院している割合を示す入院率は16.3%と低い水準が続いている。

 県と宇都宮市は14日、計307件を検査した(委託の未集計分は除く)。累計検査数は36万8510件、退院者8497人、入院者253人、宿泊療養者149人、自宅療養者837人、入院調整中453人、重症者は1人増え18人だった。