(手前から時計回りに)みかん、すいか、メロン、パインのフルーツ大福。「賞味期限1日」という至福の味わいだ

 金沢発のフルーツ大福専門店として、バンバ通りに5月に開店。オープン直後は瞬く間に完売し、話題を集めた。

Web写真館に別カットの写真

 店では毎日、旬のフルーツを使った7、8種類の大福を提供。一番人気は「みかん」(750円、変動あり)で、高級品種「蒲郡みかん」をまるごと1個使っている。

 杵(きね)つきもちと白あん、ミカンというシンプルな素材。一口食べると、蒲郡みかんの甘さにびっくり。そして、ミカンの甘さを邪魔しない白あんの優しい甘さと、柔らかいながらコシがあるもちのハーモニーにうっとりした。

 味に加えて人気なのが「萌(も)え断」。大福を切った際にできる美しい断面をインスタに上げる人が多いという。記者も、わくわくしながら添付のたこ糸を使ってチャレンジ。責任者西浦綾子(にしうらりょうこ)さんは「糸は交差するように切るのがこつ。大福は冷えていたほうがきれいに切れますよ」。

 今の季節は「メロン」(680円、変動あり)や「すいか」(420円)、「パイン」(450円)もお薦め。入荷次第でマスクメロンも登場するので、まめにチェックせねば。

 ◆メモ 宇都宮市馬場通り2の3の12▽営業時間 午前11時~午後7時(売り切れ次第終了)▽定休日 不定休▽(問)050・8881・4906