ホソバオグルマを観察する児童ら

ストーンペインティングをする児童ら

ホソバオグルマを観察する児童ら ストーンペインティングをする児童ら

 【栃木】市内の小学生を「とちぎふるさと子ども観光大使」に認定する事業の講座が7日、渡良瀬遊水地の体験活動センターわたらせで開かれ、参加した児童32人が遊水地の機能や歴史などについて学んだ。

 同事業は子どもたちに地域の魅力を知り、発信してもらおうと市民団体「TOSS下野教育サークル」が実施。市内各所で計7回開かれる講座のうち最低3回参加し認定試験に合格すると、子ども観光大使に任命される。