世界大会出場を決めて喜ぶGGごとう=東名CC

 ドライバーショットの飛距離を競うドラコンの「ジャパンロングドライブチャンピオンシップ2021」が7日から3日間、静岡県・東名CCで行われ、下野市在住のGGごとう(37)=本名・後藤正幸(ごとうまさゆき)=が3位に食い込み、世界大会の出場権を獲得した。

 LDJ(ロングドライバーズ・オブ・ジャパン)とゴルフダイジェスト社主催の大会。GGごとうはプロフェッショナル部門に挑戦し、準々決勝は378ヤードをマークしてベスト4に進出。準決勝は実力選手・豊田竜宏(とよだたつひろ)(33)と対戦し、398ヤードを飛ばした豊田の前に367ヤードで屈したが、3位に入賞して世界大会の切符を手にした。