新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 足利市は11日、市消防本部中央消防署に勤務する40代男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。10日午後に発熱などがあったため、市内の医療機関でPCR検査を受け、11日に感染が判明した。

 9日にこの職員と宿直勤務した8人の職員は、11日夕方までに帰宅させた。県安足健康福祉センターが濃厚接触者を調査している。感染した職員はマスクを着用し、市民との接触はなかったという。