バドミントン女子団体準々決勝 作新の第1シングル・水井がスマッシュを決める=富山県高岡市の竹平記念体育館

バドミントン女子団体準々決勝 作新の第1シングル・水井がスマッシュを決める=富山県高岡市の竹平記念体育館

 全国高校総体(インターハイ)は10日、富山県の高岡市竹平記念体育館ほかで会期前競技のバドミントン、ボクシング、重量挙げ、なぎなたなどを行った。

 バドミントン女子団体の作新学院は準々決勝で青森山田(青森)に2-3で惜敗。第2ダブルスまでを落とした後、第1シングルスの水井寿々妃(みずいすずき)と第2シングルスの舛木(ますき)さくらが勝利しタイに。勝負の第3シングルスは遠藤美羽(えんどうみはね)がファイナルセットまで持ち込んだが15-21で競り負け、県勢35年ぶりの4強入りはならなかった。

 剣道女子団体は小山が予選リーグを1勝1分けで突破。なぎなたの国学院栃木も予選リーグ2勝で決勝トーナメントへ進んだ。柔道は男子100キロ級の斎五沢凌生(さいごさわりょうせい)(白鴎大足利)が準々決勝で敗退した。