日光東照宮「千人行列」で色づき始めた木々の下を練り歩く武者たち=2018年10月

 日光市山内の世界遺産・日光東照宮は10日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、10月16、17日に予定していた秋季大祭の「流鏑馬(やぶさめ)」と「百物揃(ひゃくものぞろい)千人武者行列」を中止すると発表した。春季例大祭を含めると、中止は4季連続となる。

 多くの観光客や関係者が集まり、「3密」を避けられないことなどから判断した。神職による神事のみを行うという。

 稲葉尚正(いなばたかまさ)権宮司(52)は「みこしを担ぐ際などの接触は避けられず、大変残念だが中止せざるを得ない。お祭りは平和でなければ実施できないと痛感している」と話した。