【大田原】津久井富雄(つくいとみお)市長は10日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた市内飲食店を支援しようと9月に予定していた割引クーポン券の発行を、1カ月延期することを明らかにした。

 「まん延防止等重点措置」適用に伴い、営業時間短縮や酒類の提供禁止といった本県の対応を考慮した。

 クーポン券は2千円分で、店内飲食やテークアウトなどに使用できる。広報おおたわら10月号に挟んで各世帯に配布する予定。

 津久井市長は「飲食店には新型コロナに負けないで頑張ってほしい」と述べた。