抽選でプレゼントされる特製ハンカチ

 【真岡】真岡発電所(鬼怒ケ丘1丁目)は10日、発電所内の見学施設「みらいん(Meline)」について、市コミュニティーFM「FMもおか」(87・4メガヘルツ)を通じてPRする初の「ラジオ社会科見学in真岡発電所」の録音放送を始めた。今月末まで。

 「みらいん」は国内最大の内陸型発電所である同発電所の特徴や発電の仕組み、地域社会との結び付きなどを学ぶ体験型施設として昨年9月にオープンした。

 しかし新型コロナウイルス禍で閉館が続き、今年3月から「みらいん」と市内小中学校をビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」で結んだオンライン社会科見学を行っている。

 夏休みに入り、小中学生の自由研究などで参考にしてもらおうと、同発電所が市の協力を得て放送を企画。「みらいん」で使う発電所の紹介映像の音声を流す一方、同発電所総務室の松原勝己(まつばらかつみ)さんと萩原幸子(はぎわらさちこ)さんが、FMもおかのパーソナリティー大山(おおやま)ひとみさんの質問に分かりやすく説明した45分番組を制作した。

 オンエアは13、20、27日が午前11時から、17、24、31日は午後5時から。番組を聴いた人を対象に、「Meline」のロゴが刺しゅうされた特製ハンカチを抽選で20人にプレゼントする。FMもおかのホームページなどから応募できる。

 (問)総務室0285・81・9981。