歌で深める日中のきずな 日光明峰高で国際交流会

 【日光】地域活性化団体「日光清風塾」(河合正男(かわいまさお)塾長)と日光明峰高主催の国際交流会が2日、同校で開かれた。中国杭州市のメディア大学「浙江伝媒学院」の学生10人らを招き、お茶会や合唱で親交を深めた。

 河合塾長が同大で講演したのを機に昨年から始まり、今回で3回目。日中両国の相互理解や文化交流を目的に開いている。この日は同校生徒27人も出席し「世界に一つだけの花」の合唱を披露したほか、茶道体験などを通し交流した。