21日から夕涼みイベント 栃木 地域まちおこし協力隊員が企画

 【栃木】夏の夕暮れ、歴史的町並みを明かりと音とともに堪能するイベント「嘉右衛門(かうえもん)町夕涼みライトアップ」が21~23日、国重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)の嘉右衛門町地区で初めて開催される。市地域おこし協力隊員の鶴田菜々子(つるたななこ)さん(28)と市出身で佐野市同隊員の大塚由香里(おおつかゆかり)さん(33)が共同で企画した。同地区の例幣使街道沿いを、地元の風情あるちょうちんと佐野市が誇る天明鋳物の風鈴で飾る。

 兵庫県出身の鶴田さんは4月、同隊員に就任。今回のイベントを主催する市民団体「伝建地区まちづくり協議会」のメンバーに名を連ねている。一方の大塚さんは「天明鋳物」をPRするため、今年1月から隊員として活動している。

 同イベントは鶴田さんが同地区にちょうちん飾るアイデアを思い付いたのがきっかけ。相談相手の大塚さんとの会話の中で、一緒に天明鋳物の風鈴を飾るのはどうかという構想がまとまった。

 期間中、ちょうちんは午後5~8時まで点灯する予定。22日の同5~6時は浴衣で神明神社に来場した人限定で、プロのカメラマンでもある大塚さんが無料で浴衣姿を撮影し、データを本人にプレゼントする。