野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は9日、小山運動公園野球場で茨城と対戦し8-1で快勝した。通算成績は25勝6分け19敗で順位は2位のまま。

 栃木GBは投打がかみ合った。先発堀越歩夢は最速148キロの直球を軸に組み立て7回1失点と好投。打線は初回に押し出し四球と川崎宗則の左前適時打で2点を先制すると、二回は斎藤尊志、三回は若松聖覇の適時打で追加点を挙げ、五回は青木玲磨のソロ本塁打でリードを拡大。1点を返された直後の七回にも3得点して突き放した。

 次戦は12日午後3時から、埼玉県熊谷市の熊谷さくら運動公園球場で首位の埼玉と対戦する。