新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 【佐野】市教委は8日、7日に新型コロナウイルス感染が判明した市内の児童生徒が通う学校は、佐野小と城東中の2校だと発表した。このほか、新たに天明小に勤務する教職員1人の感染も判明したが、いずれも夏季休業中のため臨時休校は実施しない。

 県は3校とも校内の濃厚接触者はいないと判断している。しかし、城東中の生徒と天明小の教職員は休業中に学校へ行ったことが確認された。このため市は、城東中で生徒と教職員計36人、天明小で教職員ら計58人に対し、PCR検査を実施する。