西川県議(奥の列右)を支援する議員会の発足式。父親の西川元農相(同右から2人目)、来賓の佐藤市長(同3人目)も出席した=8日午前10時10分、鹿沼市石橋町

 次期衆院選で栃木2区からの立候補に意欲を示している自民党の西川鎭央(にしかわやすお)県議(49)=さくら市・塩谷郡選挙区、1期=を支援する一部の鹿沼市議は8日、西川県議を「支援する議員会」を発足させた。市議会3会派の有志計9人で構成する。

 同市石橋町のビルで発会式を行い、前市議会議長の大島久幸市議が会長に就いた。同市に西川氏の後援会を立ち上げる方針が確認された。西川氏は「(2区の)大票田の鹿沼の皆さんに支えていただけてうれしい」などとあいさつした。同ビルには近く、自身の同市事務所を構えるという。