見頃を迎えたヒマワリ畑

見頃を迎えたヒマワリ畑

満開となったヒマワリ

見頃を迎えたヒマワリ畑 見頃を迎えたヒマワリ畑 満開となったヒマワリ

 地元住民3人が育てたヒマワリ約15万本が、栃木県那須町富岡のクリーンステーション那須付近の元牧草地約1ヘクタールで満開を迎えている。見頃は11日ごろまで。

 大人の手のひらより大きな黄色い花が太陽に負けじと空に伸び、背丈は大きいもので2メートル以上ある。青空が広がった6日は朝から家族連れが訪れ、「すごい。きれいだね」とヒマワリに囲まれて笑顔を咲かせた。

 町の新たな観光資源にしようと、富岡、公務員三森浩(みもりひろし)さん(59)らが育て始めたのは3年前。今年は堆肥20トンを使った畑作りが奏功し、葉や花付きが良好だという。

 三森さんは「今までで最高の出来。感染対策をして見に来てほしい」と話した。(問)三森さん090・7729・7362。