「トウモロコシ採れた」 小山・大谷北小児童が収穫体験

「トウモロコシ採れた」 小山・大谷北小児童が収穫体験

 【小山】大谷北小の3年生138人は29日、学校の近くにある犬塚8丁目、農業森田恵介(もりたけいすけ)さん(73)方の畑でトウモロコシの収穫を行った。約30センチほどに実った大きなトウモロコシを手に児童たちは「でっかいのが採れた」と喜びの声を上げながら、収穫を楽しんだ。

 森田さんは約25年前から毎年、同校の3年児童をトウモロコシ狩りに招待している。直接農業に触れながら、理科や社会科の学習の一環にもなるという。

 児童たちは自分の身長より大きな丈のトウモロコシ畑をかき分けて、「ゴールドラッシュ」などの品種を収穫した。黄金色に輝く実を目にした児童たちからは、「すごいきれい」と感嘆の声が漏れ、1人2本まで自宅に持ち帰った。