10日にふ化したニホンライチョウのひな=11日午前8時20分、那須どうぶつ王国提供

 国の特別天然記念物ニホンライチョウの人工繁殖に取り組む那須町大島の那須どうぶつ王国(佐藤哲也(さとうてつや)園長)は11日、上野動物園(東京都)から6日に受け入れたニホンライチョウの4個の受精卵からひながふ化したと発表した。4羽とも健康状態は良好だという。

 ひなは10日午後から11日早朝にかけて誕生した。体長はいずれも約6センチ。体重は10日生まれた2羽が17グラム。11日に生まれた2羽は、体の毛が乾いていないため測定していないが、大きさから17グラムほどとみられる。