広島市安芸区矢野東で続く捜索活動=12日午前8時30分

 活発な梅雨前線による西日本豪雨の被災地での死者は12日、14府県で195人に上った。警察庁が発表した。共同通信の各府県まとめでは、依然として66人の所在が分かっていない。甚大な被害が出た岡山、広島、愛媛各県などでは警察や自衛隊、消防が7万人以上の態勢で安否不明者の捜索を続けた。総務省消防庁によると、12日午前5時半時点で計約6700人が避難生活を余儀なくされている。

 安倍晋三首相は官邸で開いた非常災害対策本部会合で、被災者の当面の住まいとして、公営住宅や民間賃貸住宅など計7万1千戸を確保したことを明らかにした。順次、入居者の募集を始めるという。