配色や花の向きなどを競った競技会

 【矢板】県学校農業クラブ連盟主催のフラワーアレンジメント競技会が6日、本町のJAしおのや矢板支店で開かれ、小山北桜高3年池(いけ)あずみさん(18)が最優秀賞に輝いた。

 フラワーアレンジメントへの関心と意欲を高め、技能向上につなげるのが狙い。農業系学科がある県内の7校から7人が出場した。

 選手たちは、1時間半の競技時間の中でリンドウやスプレーマムなどを生け、配色や花の向き、全体のバランスなど10項目で競った。

 池さんと、次点だった那須拓陽高1年成川俐緒(なりかわりお)さん(16)は、10月に埼玉県で行われる全国大会に出場する。