宇都宮地方気象台は6日午後5時、「台風第10号に関する栃木県気象情報」を発表した。台風10号は7日夜から8日にかけて関東甲信地方に接近する恐れがあり、県内では土砂災害などに注意が必要としている。

 気象台によると、台風10号は6日午後3時現在、南大東島の北東約250キロを、時速約25キロで東北東に進んでいる。日本の南を発達しながら北東へ進み、栃木県に最も接近するのは、8日午前中の見込み。

 県内では台風が接近する前から雨が降り始め、7日夜から8日にかけて台風の進路や発達の程度によっては非常に激しい雨や警報級の大雨となる恐れがある。気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、強風や落雷、竜巻などの激しい突風にも注意するよう呼び掛けている。

 県内で7日午後6時から8日午後6時までの24時間に予想される降水量は、多いところで50~100ミリ。8日に予想される最大風速は10~14メートル、最大瞬間風速は20~25メートルの見込み。