メキシコ五輪の銅メダルを首に掛け、サッカー男子日本代表を激励した松本さん=都内

 埼玉スタジアムで6日に行われる東京五輪サッカー男子3位決定戦で、メキシコと対戦する日本代表。1968年メキシコ五輪とは立場が入れ替わり、日本が開催国としてメダル獲得を目指す。メキシコ五輪銅メダリストで宇都宮市出身の松本育夫(まつもといくお)さん(79)は「不思議な縁。メキシコは試合運びがうまいが、苦しくても守り抜き、運動量で上回れば日本が勝つ」と後輩たちにエールを送った。

 68年メキシコ五輪の3位決定戦では、日本が地元メキシコを2-0で下した。約半世紀を経て開催国が入れ替わり、再び銅メダルを懸けて相まみえる両国。因縁深い巡り合わせに、松本さんは「こんなことは二度とない」と感慨深げだ。