楢崎選手が育ったジムで試合中継を見守る恩師の小菅さん(前から2列目右)と子どもたち=5日午後8時5分、宇都宮市下栗町

 東京五輪スポーツクライミング男子複合決勝が行われた5日、出場した楢崎智亜(ならさきともあ)選手(25)=宇都宮市出身=がかつて通っていたジムでは、利用者らが声援を送った。4位と惜しくもメダルは逃したが、「よくやってくれた」と拍手で奮闘をたたえた。

 楢崎選手が中高生の時に通った宇都宮市下栗町の「クライミングジムZE-RO(ゼロ)」では、クライミングスクールの子どもたちがテレビで応援した。