どろだんごで遊んで学ぶ 園児が挑戦 大田原

どろだんごで遊んで学ぶ 園児が挑戦 大田原

 大田原市薄葉のひかりのざき保育園で28日、園児たちが泥団子作りに励んだ。

 考える力を育み達成感を味わわせようと、山崎昭宏(やまざきあきひろ)園長(37)が今月から、年長児を対象に朝の外遊びの時間に取り入れている。興味を持った年下の園児も加わり、この日は約15人が挑戦。真剣な表情で泥と砂を混ぜ、手のひらよりも大きくする子もいた。光沢が出るまで何日もかけて手で磨く子もいるという。