「エシカルビール」の開発に乗り出すファーマーズ・フォレストのブルワリー=7月中旬、宇都宮市

 地域商社のファーマーズ・フォレスト(宇都宮市新里町、松本謙(まつもとゆずる)社長)は、人や環境に配慮した消費行動を指す「倫理的消費」(エシカル消費)促進に向け、廃棄食品などを活用した「エシカルビール」の商品化に乗り出す。

 同社は、宇都宮市新里町の道の駅うつのみやろまんちっく村内のブルワリーでクラフトビールを醸造しており、パン製造のタカサゴ(宇都宮市上田町、斎藤洋之(さいとうひろゆき)社長)などと共に取り組む。

 エシカルビールの商品化事業は、本年度の県「とちぎならでは」のおもてなし創出事業・地域資源活用支援事業費補助金の交付決定を受けた。