走りもおしゃべりも軽快 「スーパーGT」ドライバーら、宇都宮でトークショー

 【宇都宮】市販車ベースの国内最高峰レース「スーパーGT」に参戦するドライバーら4人によるトークショーが25日、細谷町のカー用品&メンテナンス「ジェームス細谷店」(新井孝則(あらいたかのり)社長)で開かれ、県内外から集まったファン約260人が軽快で熱いトークに沸いた。

 登場したのは、スーパーGT300にチーム「JLOC」からランボルギーニ・ウラカンGT3で参戦する織戸学(おりどまなぶ)ドライバーと、チーム「ウェッズスポーツ」所属で昨シーズンGT500で初優勝した関口雄飛(せきぐちゆうひ)ドライバー、板東正敬(ばんどうまさたか)監督、レースクイーン木村理恵(きむらりえ)さん。サーキット外での愉快なエピソードやレースでの裏話などが次々と披露され、会場を盛り上げた。

 今後について織戸さんは「若手の育成など今までやれなかったことを一生懸命やりたい」、関口さんは「いつかはアメリカでのレースにチャレンジしたい」などと意欲を語った。