強い日差しが降り注ぎ、逃げ水が見られた佐野市内=4日午後2時、JR佐野駅前

 4日の県内は高気圧に覆われ、各地で気温が上昇した。

 県内14観測地点のうち3地点で最高気温が35度を超え、猛暑日となった。宇都宮地方気象台によると、佐野で36・3度、真岡は35・1度を観測。小山では今年最高となる35・6度を記録した。

 この日、強い日差しが照りつけた佐野市内はうだるような暑さとなり、路面には逃げ水が出現。JR佐野駅前では、汗を拭いながら行き交う人々の姿も揺らいで見えた。

 5日も各地で気温が上昇するほか、県内北部の山地を中心に激しい雨が降る見込みという。