» 動画ページへ

ライチョウ野生復帰順化施設に搬入されたライチョウの家族(那須どうぶつ王国提供)

段ボール箱に入ったライチョウをヘリコプターから運び出す佐藤園長(中央)

ライチョウ野生復帰順化施設に搬入されたライチョウの家族(那須どうぶつ王国提供) 段ボール箱に入ったライチョウをヘリコプターから運び出す佐藤園長(中央)

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種の「ニホンライチョウ」の保護と繁殖に取り組む環境省信越自然環境事務所は3日、中央アルプス(長野県)で保護したニホンライチョウ2家族を那須町大島の那須どうぶつ王国と長野市の茶臼山動物園にそれぞれ移送した。両園で繁殖させ、来年にも一部の個体を中央アルプスで野生復帰させることを目指す。

 那須どうぶつ王国にはヘリコプターで雌の親1羽と生後約1カ月のひな6羽(雄2羽、雌4羽)が入った段ボール箱が搬送され、佐藤哲也(さとうてつや)園長(64)が同園のライチョウ野生復帰順化施設に運び込んだ。体重は雌親が438グラム、ひなが102~152グラムで、元気な様子だった。

 今後、同園の飼育員と獣医師計6人が24時間体制で飼育する。佐藤園長は「これからが正念場。動物園として培ってきたものを野生動物の保全につなげていきたい」と意気込んだ。

 移送は同省の「ライチョウ保護増殖事業」の一環で、同事業による動物園への野生のライチョウ移送は初めて。