美しい舞で知られる県無形民俗文化財の「河井のささら」(2019年9月16日)

 【茂木】県指定無形民俗文化財の伝統行事「河井のささら」が、新型コロナウイルス感染防止の観点から昨年に続き今年も中止と決まった。高齢化と世帯減が続く河井地区を一つにしてきた祭事の中止は、伝承と地域の一体感醸成の営みに影を落としている。

 河井のささらは、平安時代後期の後三年の役に出陣した源義家(みなもとのよしいえ)とお供の長寿姫(ちょうじゅひめ)にまつわる伝承に基づく舞。近年は「河井獅子舞保存会」が9月の敬老の日に八幡宮と長寿寺で奉納している。幼児から小学生までの13人が瓠(ふくべ)、獅子などの役で笛の音に合わせて舞を披露する。