感謝状を贈呈された池上さん(右)と警察犬のリア、佐藤さん(左)。中央は森平芳彦署長

 【下野】警察犬による行方不明者の発見に貢献したとして、下野署は2日、中大領、警察犬訓練士池上裕二(いけがみゆうじ)さん(45)と、警察犬「リア フォム キョーラクソウ号」(ジャーマン・シェパード・ドッグ、雌、6歳)を所有する壬生町おもちゃのまち2丁目、会社員佐藤玲子(さとうれいこ)さん(48)にそれぞれ感謝状を贈った。

 7月18日夜、上三川町の60代女性が買い物に出掛けたきり帰ってこないと、家族から通報があった。同署から要請を受けた池上さんとリアが捜索。においをたどって約1時間後、町内の雑木林を歩く女性を見つけて反応し、池上さんに知らせた。

 リアは警察犬5年目。リアの活躍で池上さんが感謝状をもらうのは2回目で、贈呈式にはリアも出席した。池上さんは「訓練の成果が出た。7月は7回出動し、精力的に活動している」、佐藤さんは「リアは、普段は陽気だが訓練の時はまじめ。感謝状を頂けて、飼い主としてうれしい」と話した。リアはご褒美の骨型ガムを夢中でかんでいた。