市運動公園に完成した第1多目的球技場

佐野市運動公園に完成した第1多目的球技場

市運動公園に完成した第1多目的球技場 佐野市運動公園に完成した第1多目的球技場

 【佐野】市が赤見町の市運動公園に整備を進めていた「第1多目的球技場」が完成し、7月末に市民へ開放された。市のラグビー、サッカー球場として初めてナイター照明を設置。来年の「いちご一会とちぎ国体」ではラグビー会場として使用される予定だ。金子裕(かねこゆたか)市長は2日の定例記者会見で、「市民が多くのスポーツに親しむ環境が整った。積極的にPRしたい」と述べた。

 同球技場は野球場北側のサブグラウンドがあった場所に、2019年度から整備していた。敷地面積は約1万5千平方メートル。総事業費は7億9千万円。