男子400メートルメドレーリレー決勝 3分29秒91の日本新で6位に入り、最終泳者の中村克(下)を迎える(左から)水沼尚輝、武良竜也、入江陵介=東京アクアティクスセンター

 東京五輪は1日、東京アクアティクスセンターで競泳を行い、真岡市出身の水沼尚輝(新潟医療福祉大職員)が出場した男子400メートルメドレーリレーの日本は日本新記録の3分29秒91で6位だった。

 日本は入江陵介(イトマン東進)、武良竜也(ミキハウス)の後を受けて水沼がバタフライで力泳。中村克(イトマン東進)へとつなぎ、日本新記録に貢献した。金メダルは3分26秒78の世界新記録をマークした米国だった。

 水沼は作新学院高、新潟医療福祉大出の24歳。五輪初出場となった今大会は、個人種目の100メートルバタフライにも出場し、準決勝まで進んだ。