扉を開け放して営業する宇都宮屋台横丁の店舗。人影はまばらだ=29日午後8時20分ごろ、宇都宮市二荒町

パネルや換気など感染対策をとって営業する「宇都宮屋台横丁」内の店舗=29日午後7時半、宇都宮市二荒町

扉を開け放して営業する宇都宮屋台横丁の店舗。人影はまばらだ=29日午後8時20分ごろ、宇都宮市二荒町 パネルや換気など感染対策をとって営業する「宇都宮屋台横丁」内の店舗=29日午後7時半、宇都宮市二荒町

 新型コロナウイルスの猛烈な感染拡大に伴い、栃木県は29日、県内飲食店に時短営業を要請することを決めた。今回は対象が7市に限られているものの、飲食店は感染の「波」ごとに通常営業しては時短営業を強いられることを繰り返している。再び落ち込む売り上げへの悲観と、眼前に迫る感染拡大の脅威。複雑な思いを抱え、力なく「仕方ない」とつぶやいた。

 県が警戒レベルの引き上げを発表した29日夜。飲食店が軒を連ねる宇都宮市二荒町の「宇都宮屋台横丁」の人影はまばらだ。