情報提供を呼び掛けるチラシを配る警察官ら=28日午前10時10分、日光市松原町

チラシを受け取る駅利用者=28日午前10時15分、日光市松原町

タクシー運転手に情報提供を呼び掛ける警察官=28日午前10時15分、日光市松原町

情報提供を呼び掛けるチラシを配る警察官ら=28日午前10時10分、日光市松原町 チラシを受け取る駅利用者=28日午前10時15分、日光市松原町 タクシー運転手に情報提供を呼び掛ける警察官=28日午前10時15分、日光市松原町

 観光で日光市内を訪れていたフランス国籍、ベロン・ティフェヌ・マリー・アリックスさん(39)が行方不明となってから29日で3年がたつ。県警などは28日、東武、JRの両日光駅で情報提供を呼び掛ける広報活動を実施した。

 県警や地元有志ら計20人が、日本語や英語、フランス語、中国語で書かれたチラシを配布した。チラシには、ベロンさんの写真や行方不明当日の服装が白色系のノースリーブだったことなどが記載されている。

 県警はこれまでに延べ約6900人の捜査員を動員し捜索してきたが、有力な手掛かりは少ないという。県警人身安全少年課の谷田貝伸行(やたがいのぶゆき)人身安全対策指導官は「広報活動を通して情報を頂き、確認を進めたい」と話した。情報提供は日光署0288・53・0110。