下野新聞社(宇都宮市昭和1丁目)は28日、編集局社会部の20代男性記者が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同日時点で熱は36度台に下がっている。

 男性記者は県警担当で、26日は県警本部内の記者クラブに出勤し、マスクを着用して取材活動などに従事していた。悪寒、発熱などの体調の異変を感じ、27日昼ごろPCR検査を受け、28日に陽性と判明した。27日以降は自宅待機となっている。

 男性記者の社内の濃厚接触者2人についても28日にPCR検査をした。記者クラブ内の消毒も行った。