人口10万人当たりの新規感染者数

 栃木県内で27日、新型コロナウイルスの感染者が新たに108人確認された。新規感染者が100人を超えるのは、緊急事態宣言の対象区域に指定された1月13日以来、約半年ぶりとなる。今月下旬から感染者が急増し、県内も「第5波」の様相を呈している。年末年始の「第3波」を超える感染拡大も懸念され、福田富一(ふくだとみかず)知事は同日の定例記者会見で「このままでは8月上旬に緊急事態措置レベルに入る。危機的状況だ」と訴え、県民に不要不急の外出の自粛を求めた。

 人口10万人当たりの新規感染者数が、14~20日の1週間は8・8人で前週の1・2倍だったのに対し、20~26日は13・1人で前週の1・6倍に増えた。

 県の予測では、今後感染者数が1・2倍で推移した場合、8月上旬に現在の警戒度レベル「厳重警戒(ステージ2・5)」より1段階高い「まん延防止等重点措置(ステージ3)」に入り、その後も緩やかに増加する。

 1・6倍で推移した場合は、近日中にステージ3となり、8月上旬には緊急事態措置(ステージ4)を発令する可能性も出てくる。同中旬には1日当たりの新規感染者数が180人を超え、過去最多となることも予想される。

 宇都宮市を中心に県南などで増加し、幅広い年代で確認されている。家族間や職場での感染が目立つほか、従来より感染力が強いインド由来の変異株「デルタ株」への置き換わりも進む。検査陽性率は25日までの1週間で41・7%となり、27日には新たに31人が確認された。1日の判明数では過去最多。

 今後も感染者の増加に歯止めがかからなければ飲食店への営業時間短縮要請なども検討するとし、福田知事は「社会経済活動を制限せざるを得なくなる前に、帰省や酒類を伴う飲食などを慎重に判断し、感染拡大阻止に協力してほしい」と呼び掛けた。

 福田知事はこの日、1回目のワクチン接種から2週間以上たった後に感染した事例が県内で少なくとも8件あり、中には2回目を終えた人がいたことも明らかにした。