市職員らの出迎えを受けるハンガリー近代五種選手団

 【栃木】東京五輪に出場するハンガリーの近代五種選手団21人が27日、市総合運動公園などで事前合宿を始めた。8月3日まで同公園や壬生町国谷の壬生乗馬クラブで練習を行う。

 市によると、26日午後7時ごろ成田空港に到着。空港のPCR検査で選手4人を含む全員の陰性を確認し、27日未明に宿泊先のホテルサンルート栃木(万町)に着いたという。

 練習初日の午前11時、ホテルから練習に向かう選手団を大川秀子(おおかわひでこ)市長らが「栃木市へようこそ 私たちは皆さんを応援しています」と、ハンガリー語と日本語で書かれた横断幕を掲げるなどして歓迎した。

 午後4時から行われた屋外練習では、女子選手らが陸上競技場のトラックを走り、汗を流した。選手団責任者のマルティネク・ヤーノシュさんは「コロナがあってオリンピックが本当に開催できるか不安だった。選手・スタッフ一同(開催を)本当に感謝している」とコメントした。