新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 福田富一知事は27日の定例記者会見で、同日正午現在、県内で新たに62人の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを明らかにした。夕方の発表までにさらに増える可能性がある。1日当たりの新規感染者が60人を超えるのは、本県に緊急事態宣言が発令されていた今年1月19日以来。

 福田知事は足利や佐野、小山市などの県南地域で「急激に増えている」と指摘。感染力が強いとされる変異株「デルタ株」への置き換わりも感染拡大に拍車をかけているとも分析し、「帰省や旅行、長時間の飲食などは慎重に判断いただきたい」と県民に求めた。